出会い系で作った割り切り相手と妻の留守中に家で愛し合っています

私の妻は月に一度ほど数日家を空けます。

 

それを私は利用して、家で割り切りの恋人と愛し合っているのです。

 

割り切りセフレとは、出会い系で知り合いました。

 

出会い系で近所で募集して何人かの女性と割り切りしてみたのですが、今一ついいなと思える女性と会えませんでした。

 

しかしある日彼女の方から出会い系を通じて私にコンタクトをしてくれ、私たちは出会ったのです。

 

出会ったその日に彼女とセックスをしたのですが、それで彼女が私のセックスを気に入ってくれたので、割り切りセフレ関係になる事にしました。

 

彼女とは普段はラブホテルなどでセックスをしているのですが、妻が家を空ける時は、家で彼女と会ってセックスを楽しんでいます。

 

まず私たちは、家のバスルームで事を始めます。

 

シャワーを全身に浴びながら、私たちは抱き合うのです。

 

お湯で濡れた彼女の体は色っぽく、自然と興奮が高まって来ます。

 

胸を揉んでアソコに指を入れ、彼女がもだえ苦しむ様は、何度見ても興奮してしまいます。

 

そして最後には、彼女の後ろから肉棒を突っ込み、中出しするのです。

 

一回戦が済むと私たちは、お酒を飲んだりおつまみを食べたりして、しばし休憩を取ります。

 

それで一回戦の疲れが取れると、ベッドの上で二回戦を始めるのです。

 

今度は時間を掛けて、ゆっくりと彼女の体の隅々まで味わいます。

 

二回目は中々射精しないので、彼女のひだひだを心行くまで楽しむ事が出来ます。

 

私たちはこうして、妻の留守を狙って家で関係を結び、楽しい時間を過ごしているのです。
「千葉県:30代:男性:会社員」

 

>>割り切り掲示板で本当に会えるか実際に調査してランキングを作った

 

暇な生活をエンジョイする為に出会い系サイトでセフレ作り

私は会社の辞令で支社に異動する事になり、妻を置いて単身赴任を始めたのです。

仕事は大して忙しくなく、一人暮らしで詰まらなかったので、セフレを作ろうと考えました。そこで私はセフレを探す為に、出会い系サイトを使いだしたのです。出会い系サイトで見つけた女性達と数多く会い、セフレに成りそうな女性を探し回りました。その結果、やっととある出会い系サイトの一つで、セフレにぴったり合いそうな女性を見つけ出しました。
彼女は私同様にセフレを探しており、会って直ぐにウマが合ったのです。そこで私は彼女を連れて、自分の住んでいるアパートに連れて来ました。私は彼女にお酒やおつまみを提供して、夜遅くまで騒ぎまくりました。そしたら彼女が、酔いつぶれてしまったのです。そんな彼女をほっておくわけにはいかなかったので、一晩泊める事にしました。彼女は深夜になると酔いが完全に冷めたようで、私の布団にもぐりこんで来たのです。
そして彼女が求めて来たので、私は彼女を抱く事にしたのです。彼女の体はむっちりとしており、抱き心地は満点でした。おっぱいの感触もとても良く、私は夢中になって彼女のおっぱいを揉み続けたのです。それでちんちんがはちきれんばかりに立ったので、私は彼女の割れ目にちんちんを挿入してイキ果てました。こうして私は、彼女をセフレにしたのです。セフレを手に入れてからは、暇な単身赴任生活がとても楽しい物となってくれました。セフレと楽しい時間をいつまでも続ける為に、このまま単身赴任生活がいつまでも続けば良いと思っています。
「秋田県:30代:男性:会社員」